【創作きりたんぽ】絶品!肉巻ききりたんぽの作り方

きりたんぽ

肉巻きおにぎり、アスパラの肉巻き、トマトの肉巻き、全部美味しいですよね♬

だったら「きりたんぽに肉を巻いても美味しいのでは?」と思いつきました。

 

しかも、きりたんぽには「穴」があります。

この「穴」に別の食材を詰めて、肉巻きにしたら、もっと美味しいのでは?と考え、今回は肉巻ききりたんぽを作りました。 

そう考えると、きりたんぽの穴って無限の可能性があるように感じますよね♬

 

 

是非とも楽しんで読んでいってください☆

そして、「これやりたい!」と感じたら、ご自宅でトライしてみてください☆

 

 

 

それでは、肉巻ききりたんぽの作り方について紹介していきます。

肉巻ききりたんぽの作り方

① きりたんぽを作る

  1. お米を炊く。
  2. お米を半殺しになるまでつぶす。
  3. 棒にきりたんぽの素(潰したお米)をにぎにぎしながらくっつける。
  4. 素焼きにする。

この流れできりたんぽを作ることができます。

詳細は以前の記事で投稿していますので、こちらをご確認ください。

ただし、後で具材をきりたんぽの穴に入れる都合があって、きりたんぽを作るための棒は、「直径1.5cm以上」のものを使ってください。

あと、きりたんぽの焼き加減ですが、表面が焼けて焼き色が付くくらいで大丈夫です。

焼きすぎるときりたんぽの中の水分が抜けて、食べる時にカチカチになってしまいますので、焼き加減については十分に注意してください。

 

② タルタルソースを作る

今回はきりたんぽの中に塩味の強い、タルタルソースを入れてみることにしました。

タルタルソースは、

の手順で出来上がります。

混ぜ合わせる前の写真がこちら。

  1. ゆで卵を作る
  2. 玉ねぎをみじん切にする(ピクルス、柴漬け、いぶりがっこがあれば一緒に入れると美味しいです)
  3. 1.と2.にマヨネーズ、塩コショウを入れて混ぜ合わせる

 

③お肉の準備と焼き作業

 お肉は脂身が美味しい豚バラ肉を準備しました。

豚バラ肉の「きりたんぽに接する面」に水分(今回は焼き鳥のたれを使用)を加え、きりたんぽとお肉が焼いている途中に離れないようにします。

 

きりたんぽの中に、タルタルソースを詰め、お肉を巻いていきます。

タルタルソースがこぼれない様に、「穴に蓋をするように」お肉を巻いていきましょう。


巻いたら、塩コショウを振って焼き作業です!

  

ジュワワ!!めっちゃ美味そう!!

肉の香ばしさが画像から伝わってきますね!

中ではタルタルソースが熱せられて、きりたんぽの中に染み込んでいます。

全体的にお肉に焦げ色が付いたら、焼き鳥のタレをかけて味付けします。

 

 

味付けが終わり、ラップで包んだものがものがこちら。

 

後は、食べる時にレンジで温めて、輪切りにすれば完了です。


きりたんぽの内壁が、タルタルソースの黄色に染まっています。

味がやっぱり染みていますね♬

きりたんぽの外壁側は、焼き鳥のタレが染みて茶色くなっています。

こちらも味が染みて美味しそう♬

 

食べた感想:やはり美味い!!

この食べ方をやらないというのは、もはや考えられません。

メインの料理にもなり、酒の肴にもなり、珍しい。

お客様が来られた時に出しても、喜んでいただける一品ができたと感じました。

 

是非ともお試しください!

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

だかまんでした。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

きりたんぽ
【創作きりたんぽ】トマト鍋で食す!ホットドッグ風きりたんぽ(チーズ入り)!!

チーズリゾット、美味しいですね。 ホットドッグ、時に食べたくなりますね。 お鍋、まだまだ食べたい気温 …

きりたんぽ
【創作きりたんぽ】煮る程に形状記憶喪失なきりたんぽが進化する時がやってきた!決めては、つみれ!

きりたんぽ、煮込んで、ぐずっぐずになると美味しいですよね♪ でも、ぐずっぐずになると、ちょっと摘まみ …

きりたんぽ
【王道きりたんぽ】山の幸が創る最高の味、きりたんぽ鍋

きりたんぽ、冬に食べると心も体も温まります。 きりたんぽに合わせるのは、比内地鶏のスープです。 これ …