話題の種になる 焼きそばBAGOOOON(バゴォーン)@だかまん

ご当地名産品•B級グルメ

ふと、ニュースを見て驚きました。

僕は30代ですけど、この年代以前の方であれば、一度は食べたことがあるであろう、

大盛りいか焼きそばが終売になります。

https://mainichi.jp/articles/20190327/k00/00m/040/174000c

カップ焼きそばは、学生時代によくお世話になりました。

皆さんも好きなカップ焼きそばがあると思います。

UFO

一平ちゃん夜店の焼きそば

そして僕の場合は、焼きそばBAGOOOONです。(関東の方は食べたことないですよねw)

焼きそばBAGOOOON(バゴォーン)はマルちゃんで製造されているカップ焼きそばです。

はるか昔は全国展開していたそうですが、販売数の確保が難しく、

今は、東北と信越で販売されているとのことです。

地元秋田から東京に出てきて、久しく見ていませんでしたが、

大盛りいか焼きそばの終売のニュースを見て思い出しました。

他のカップ焼きそばと違うことは、わかめスープが付いていること。

味は、一平ちゃん夜店の焼きそばとぺヤングソース焼きそばを足して2で割ったような無難な味だったと記憶しています。

無難ですが、どことなく独特な味でしたので、未だに記憶にあります

20年ほど前、秋田の高校生は一平ちゃん派がでしたが、

私は、UFOとBAGOOOON!!を押していました。(どうでもいいかw)

今、食べるとすれば、地元のお仲間と集まった時がちょうどいいのかなと思います。

当時の話に花が咲く一ファクターになると思います。

皆さんにも、ふと思い出す故郷で昔食べた味というのが存在するのではと思い、

それを思い出していただくために今回は投稿させていただきました。

地元から離れて、所帯を持ち、仕事をされている方であれば、

この焼きそばが一つのコミュニケーションツールになると思います。

「お父さんはこの焼きそば食べてたんだよ」と紹介できますよね。

BAGOOOONを食べた反応は「ふ~ん」程度かもしれませんが、

そこから、「じゃあ今度ちゃんとした地元の物を食べに行こう」と提案し、

家族での旅行プランが展開できると思います。

結婚されていない人の場合でも、同じような話の展開で、

仲間と一緒に地元に行くことができると思います。

単なるカップ麺でもこんな風に活用したら、話が盛り上がりますよね

皆さんが周りの方と楽しい時間を過ごすための一助になれたら幸いです。

以上、だかまんのソールフード、焼きそばBAGOOOONの紹介とその活用術でした。

☆3

[affiliate_tag id=”52″]

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ご当地名産品•B級グルメ
【秋田B級グルメ】ご飯が3杯食べられる納豆汁を家にある食材で作る!

納豆汁、知っている方は知っています。 むちゃくちゃ美味しいお味噌汁です。 タイトルにあるとおり、ご飯 …

ご当地名産品•B級グルメ
【地方名産品】秋田と静岡のおじげっこ(お漬物)でうんめおにぎり作っだよ!

タイトル、秋田弁ですw 秋田の名産品である、しその実漬け 静岡の名産品である、ゆかり   この2つを …

ご当地名産品•B級グルメ
【地元名産品】東北で4月まで食べられる『ひろっこ』を使ったお鍋♬

ひろっこ、東北では春の近づきを感じる食材です。 採れる時期は、12月~4月。 雪の中で育った、ひろっ …