【創作きりたんぽ】きりたんぽとつくねの唐揚げ

きりたんぽ

秋田の秋の味覚、きりたんぽ。

これがきりたんぽの持つ、現在のイメージです。

時代の流れ、社会の動きを考慮すると、僕はこのきりたんぽのイメージを変えることで、

  • 秋田にもっと興味を持ってもらうことができるのではないか
  • 秋田にもっと人を呼び込むことができるのではないか

と考えました。

 

きりたんぽのイメージを「秋に食べるもの」から「年中食べるもの」に変えるため、僕は創作きりたんぽを研究し、トライし、味のご報告をさせていただいています。

さて、今回も美味しい創作きりたんぽが出来上がりました。

ご興味を持っていただけたら、ご自身でも作っていただけると幸いです。

 

今回の創作ポイント、きりたんぽの持つ凹形状に練り物で埋めてみる

きりたんぽのへこんだ部分を埋めるための「つくね」です。

「つくね」は、鳥ひき肉、ニンニク、ショウガ、ネギ、醤油を練って作りました。

この「つくね」の素を、「ゆかり入りきりたんぽ」の半身に埋めて、「唐揚げ」にするのが今回の「創作きりたんぽ【きりたんぽのつくね入り唐揚げ】」になります。

 

 

「ゆかり入りきりたんぽ」については、前回の投稿で作り方を記載していますので、そちらをご確認ください。

今回は出来上がった、「ゆかり入りきりたんぽ」を使用します。

焼きあがった「ゆかり入りきりたんぽ」

ふりかけで有名な「ゆかり」を混ぜ込んだきりたんぽを今回使用した理由は、きりたんぽにも風味を付けて、唐揚げとして食べる時に、風味のハーモニーを作りたかったからです。

 

半身にしたきりたんぽ。

熱を取った後で半身にすることで、もっと綺麗に半分にすることができます。

 

きりたんぽに、つくねの素を詰めた状態。

美味しそうでワクワクします♬

これに片栗粉をまぶして油で揚げます。

 

醤油が入っていた分、気泡が多く出ましたが、それが逆に美味しさをそそります。

出来上がりが楽しみです!

 

揚げたての唐揚げ。

お肉をしっかりときりたんぽが支えています☆

 

きりたんぽの横に大根おろしを添えて、味ぽんをかけて完成!

 

いかがでしょうか?

居酒屋さんで出てきてもおかしくない、見た目であり、味も抜群に美味しく、ビールが進むきりたんぽが出来上がりました!

  • かりっとしたきりたんぽの食感
  • ふわっとしたつくねの食感
  • 後から追ってくる「ゆかり」の風味

が融合した、創作きりたんぽの完成です。

もし、僕が居酒屋でメニューとして出すなら、750円~800円は取れる味だと自信をもって推薦できます!

(750~800円というのは、ちょっと高めの値段設定でも納得してもらえるという意味です。)

 

もしこれが自宅で出てきたら、ご家族、付き合っている方、友人、誰であれ喜んでくれる一品だと思います!

是非、きりたんぽの唐揚げお試しください。

 

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

だかまんでした。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

きりたんぽ
【創作きりたんぽ】トマト鍋で食す!ホットドッグ風きりたんぽ(チーズ入り)!!

チーズリゾット、美味しいですね。 ホットドッグ、時に食べたくなりますね。 お鍋、まだまだ食べたい気温 …

きりたんぽ
【創作きりたんぽ】煮る程に形状記憶喪失なきりたんぽが進化する時がやってきた!決めては、つみれ!

きりたんぽ、煮込んで、ぐずっぐずになると美味しいですよね♪ でも、ぐずっぐずになると、ちょっと摘まみ …

きりたんぽ
【王道きりたんぽ】山の幸が創る最高の味、きりたんぽ鍋

きりたんぽ、冬に食べると心も体も温まります。 きりたんぽに合わせるのは、比内地鶏のスープです。 これ …