【創作きりたんぽ】自分で作る場合でも、ちゃんと棒を準備した方が美味しく作れます。

COOKPADでは、割り箸を使用するのが主流のきりたんぽ

きりたんぽを自分で作る場合、割り箸を使うか、専用の棒を使うかで、穴の大きさが違います。

割り箸を使う場合、きりたんぽの穴がすごく小さくなる。

これが欠点になる部分が出てくるので、僕は棒を使ったきりたんぽをお勧めします。

スープに入れてきりたんぽを食べる時には、穴の大きさは気にする必要がありません。

でも、『きりたんぽの穴に何か別の食材を入れて特別なきりたんぽ』を作る場合には、ちゃんとした棒を使う必要があります。

下の写真のようなきりたんぽを作る場合のことですね。

このきりたんぽは中に人参とツナのサラダを入れたものです。

こういう創作きりたんぽを作る場合には、きりたんぽをしっかりとした棒に刺して作る必要があります。

割り箸を使ったきりたんぽの場合、こういう風に具材をしっかり入れるスペースを作ることができません。

 

おすすめはDIY!!

今日、作ったヒノキ材のきりたんぽ棒です。

(使ったので既に焼色が付いてますw)

 

ホームセンターで棒材を購入しました。

3本取れて、400円くらいだったので、1本当たり130円くらいです。

このお金で、今後自由なきりたんぽを作れるのなら、安いというのが僕の感覚です。

ホームセンターに行くと、少なくても4種類くらいの直径の大きさの棒がありますので、お気に入りのサイズが見つかると思います。

ちなみに、市販されているきりたんぽの直径は1㎝くらいです。

穴の大きさを自分で選べるのも創作きりたんぽの強みですよね♪

 

まとめ。創作性をもとめるなら、MY棒を持ちましょう。

これから多くの種類のきりたんぽを作りたいなら、是非お勧めいたします!

今回の投稿を気に、ご自身用のきりたんぽ棒を準備してみてください☆

前述のとおり楽しくなることを約束いたします。

 

楽しくきりたんぽを作っていきましょう!

以上、だかまんでした。

«
»
コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

きりたんぽ
【創作きりたんぽ】トマト鍋で食す!ホットドッグ風きりたんぽ(チーズ入り)!!

チーズリゾット、美味しいですね。 ホットドッグ、時に食べたくなりますね。 お鍋、まだまだ食べたい気温 …

きりたんぽ
【創作きりたんぽ】煮る程に形状記憶喪失なきりたんぽが進化する時がやってきた!決めては、つみれ!

きりたんぽ、煮込んで、ぐずっぐずになると美味しいですよね♪ でも、ぐずっぐずになると、ちょっと摘まみ …

きりたんぽ
【王道きりたんぽ】山の幸が創る最高の味、きりたんぽ鍋

きりたんぽ、冬に食べると心も体も温まります。 きりたんぽに合わせるのは、比内地鶏のスープです。 これ …